リフォームと建て替えの違い|それぞれが適したケースとは

家を建ててから年数が経つと、リフォームや建て替えなど家を新しくする方法を考える方も多いことでしょう。家の状態や劣化の範囲によって、リフォームと建て替えのどちらを選ぶべきか悩むことはありませんか?リフォームと建て替えのメリットとデメリット、それぞれが適したケースについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

◼ リフォームと建て替えの違い

リフォームと建て替えで悩まれている方は、まずリフォームと建て替えがどのように違うのかについて具体的に知っておくことが大切です。リフォームは、古くなったり劣化したりした建物を新築のような状態に戻すことをいいます。賃貸物件では入居者が退去したあとに原状回復するような意味合いもあります。英単語の「reform」が「改良」を意味するため、マイナスの状態であった家をゼロに戻すための工事を指し、例えば水回りの設備を交換したり壁紙を張り替えたり、外壁を塗り直したりする作業がリフォームにあたります。

 

家はそのままに、古くなったり劣化したりした箇所を元に戻す作業がリフォームであるのに対し、家の基礎部分から取り壊して一から家を建て直すことを建て替えといいます。もともとの家の解体撤去、新しい家の建築を一気に行うことになります。家全体を新しくしたいため建て替えを検討しているという場合でも、建築基準法によって建て替えが認められないケースもあります。建て替えを検討している家が「再建築不可物件」ではないかどうかの確認は早めに行うようにしましょう。

 

◼ リフォームのメリットとデメリット

古くなったり劣化したりした箇所を部分的に新しくできるのがリフォームだということをご紹介してきましたが、メリットとデメリットはどのようなことがあげられるのでしょうか。

 

・メリット

リフォームのメリットは、何といっても必要な箇所のみを新しくできること。家の中でも劣化が早いといわれるのがキッチンやお風呂、洗面所、トイレといった水回りですが、劣化が気になったり不具合が出てきた設備のみ交換することができます。隣接しているお風呂と洗面所を同時にリフォームしたり、キッチンと一緒にリビングもリフォームしたりと範囲を自分で決められるのもリフォームのメリット。その際、予算に合わせてリフォーム範囲を決められるため、予算が限られている場合でも臨機応変に対応できます。

 

またリフォームは相当大規模な工事にならない限り、仮住まいを探すことなく家に住み続けたまま工事を進めることができます。仮住まいを探すとなると手間だけではなく費用も余分にかかってしまいますよね。予算を抑えたい場合にリフォームはぴったりの方法だといえます。家に愛着があって、雰囲気はそのまま残したいというときにもリフォームはおすすめです。

 

・デメリット

リフォームのデメリットは、間取りの変更が自由にできない点。間取りを変更したい場合は、リフォームではなくリノベーションの範囲になってしまいます。リフォームの範囲で無理にリフォームしようと思うと、余計に費用がかかるだけではなく耐久性や耐震性に不安が残ることも。またリフォームは部分的な工事になるため、家全体の劣化度合いを確認することができません。家の耐久性や耐震性、地盤に不安がある場合は、一度検査をした上で家を新しくできるリノベーションや建て替えを検討してみても良いかもしれません。

 

◼ 建て替えのメリットとデメリット

リフォームのメリットとデメリットが分かりましたが、建て替えにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

・メリット

建て替えは家を一度解体撤去するため、地盤の補強を行った上で新しく家を建てることができます。部分的なリフォームでは地盤の補強を行うことはできないため、建て替えに特化したメリットだといえます。家の性能を新しくするだけではなく、現在の家族構成に合う間取りに変更できることも建て替えのメリット。家を建てたときと現在では家族構成やライフスタイルが変わっていることも多いはず。建て替えは家を新しく建て直す工事なので、リフォームだけでは対応できないような内容にも対応することができます。

 

・デメリット

建て替えのデメリットとしては、費用面があげられます。建て替えはもともとの家の解体撤去費用にプラスして新しい家の建築費用が必要です。部分的な工事だけで済むリフォームと比べると費用面でかなりの差が出てくるため、老後の資金計画や住宅ローンについてもしっかり考慮した上で決断するようにしましょう。また建て替えたとしても、家族が住み継いでくれるとは限らないため、建て替える前に家族と話し合うことをおすすめします。

 

◼ リフォームが適したケース

リフォームと建て替えで悩んでいる場合、何を基準にして選択すれば良いのか決めきれないこともあるかもしれません。リフォームが適したケースとしては、劣化が部分的である場合や家の構造部分に不安がない場合があげられます。例えば水回りの水漏れが気になる、壁紙が剥がれてきた、床材を変更したい、など、箇所が限定的な場合にはリフォームをおすすめします。予算を抑えたい場合も、相当劣化が進んでいるような状態を除けばリフォームがおすすめです。

 

◼ 建て替えが適したケース

家の劣化が著しい場合や、部分的な設備の交換ではなく家全体を新しくしたいという場合は建て替えが適したケースだといえます。リフォームの範囲であまりに大規模な工事を行うと、耐久性の面でも費用の面でもデメリットが増えてしまいます。家の構造部分や地盤に不安がある場合は特に、見て見ぬふりをしてリフォームだけで済ませるのではなく、建て替えを行って安全性を高めることがおすすめです。

 

◼ カラーズにおけるリフォームの流れ

カラーズはリフォームやリノベーションを得意とする会社であり、お客様の生活に鮮やかさを加えられるような施工を心掛けております。カラーズにおけるリフォームの流れをご紹介させていただきます。

 

ホームページやお電話よりお問い合わせをいただきましたら、家の状態についてお話をお伺いしながら、正確なお見積もりを作成するために現地調査の日程をご相談させていただきます。一級建築士がご自宅へお伺いしますので、ご都合の良い日時をご提示いただけると幸いです。現地調査では家の構造を確認し、建物や設備の劣化度合いを診断。施工面積を算出した上でご希望のリフォーム内容とのすり合わせを行ってまいります。お客様との打ち合わせや現地調査の結果によって、お見積もりを提出致します。内容をご確認いただき、ご納得いただけたら契約へと進みます。まずは電話やメールからお気軽にお問い合わせください。

 

◼ まとめ

家の劣化が進むと、リフォームや建て替えを検討しますよね。実際にどの選択肢を選ぶべきなのか悩むことも多いかもしれませんが、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回はリフォームと建て替えを比較してご紹介しましたが、他にもリノベーションという選択肢もあります。家の状態や予算に合わせて家を新しく生まれ変わらせる方法を選ぶようにしましょう。家のリフォームやリノベーションをご検討の際は、ぜひカラーズにお気軽にご相談ください。

 

一級建築士のいるリフォーム会社「カラーズ」

カラーズでは「安心したリフォーム・リノベーション」をご提供するために、「3つの安心」をお約束しています。

  •  ご要望に寄り添った提案を無料で実施
  •  建築基準法を順守した施工
  •  工事後の保証

一級建築士、宅地地盤調査主任、特別管理産業廃棄物管理責任者、外装劣化診断士、リフォームスタイリストなど、プロフェッショナルの視点から快適リフォーム・リノベーションをお手伝いします。

世界には様々な色が満ちています。あなたの住宅も、その色のひとつです。

それぞれ個性(Color)に合ったリフォーム・リノベーションを、しっかりとバックアップします。

ぜひお気軽にご相談ください。

――――――――――――――――――――――――――――――

<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

――――――――――――――――――――――――――――――