フルリフォームと建て替え判断を徹底比較!|千葉松戸・柏で選ぶ快適リフォーム

長年住み続けてくると、あちらこちらに住宅の疲れや機能低下も目についてきます。

そんな時に頭をよぎるのは、「建て替え」をして一新するのか。

それとも今の良さを活かして「フルリフォーム」をするのかなど、住宅のこれからについてです。

どちらを選んだとしても、かなりの費用がかかると頭では分かっていても、どちらを選んだ方がいいのかは悩む所でしょう。

今回は我が家のこれからにクローズアップし、「建て替え」と「フルリフォーム」に注目してみましょう。

建て替えとフルリフォームの違いや、行動を起こす前に把握しておきたい費用の部分まで、幅広い情報を集めました。

長く暮らす住まいづくりだからこそ、後悔のない選択をして欲しい。

快適に過ごしやすい住まい作りを目指して。

リフォーム・リノベーションのスペシャリスト「カラーズ」が応援します。

リフォームと建て替えの違いは?

【事例紹介】千葉県八千代市I様邸 屋根・外壁の外装リフォーム

住まいを過ごしやすくするという最終目的は同じようでも、リフォームと建て替えとでは内容が大きく変化します。

内容が変化すると言うことは、それにともなう効果や負担にも違いが出ます。

このふたつを徹底比較する前に、それぞれの特徴を簡単に解説します。

後悔のない住まいづくりのためには、違いを知ることはとても大切なのです。

リフォームの定義とは

私たちが暮らす中で、建築基準法は建物のルールが記載されています。

「リフォーム」は外来語という部分もあり、建築基準法には明確に定義されていないのが現状です。

しかし一般的には、新築の建物を除き、広く改築や増築を指す言葉として使われています。

そのため建築基準法に定義している「大規模の修繕」および「大規模の模様替」も「リフォーム」の中に入ると認識されています。

 

既存の基礎部分を残しながら、部分的に改築や修繕、増築などを行い、住宅の機能を改善させる。

また新たな機能を加え、生活をしやすくするなどの効果も期待できます。

「素材や機能は新しくなっても、家とともに築いてきた想い出はそのままに・・・。」

今まで過ごしてきた住宅の良さを活かしながらできるという部分は、リフォームの最大の魅力とも言えます。

建て替えの定義

建て替えはその言葉の通り、建物を新しくその土地に建て替えることです。

既存の住宅を基礎部分から取り壊すことで、今までとは違った住まいをゼロから作り上げることが可能です。

既存の建物を壊す負担は増えても、新築と変わらないのでは?と感じている方も多いのではないでしょうか。

実は建て替えをするためには、「建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地」でなければ「原則として建築できない」など、様々なという制約があります。

例えば住宅前の道路が制約に引っかかってしまった場合、建て替えがしたくともできない!という場合もあるのです。

こういった制約が多い部分は、リフォームと大きく違うと言える特徴です。

検討している住宅が、「再建築不可物件」か否かのチェックをすることが必要なのです。

リフォームと建て替えの比較

【事例紹介】千葉県船橋市O様邸 屋根・外壁の塗装リフォーム

お互いの定義の部分でも、リフォームと建て替えとでは大きく違いが現れます。

では実際に同じ項目を比較した場合どのような違いができるのかを一覧にしてみましょう。

  リフォーム 建て替え
工事の目安前提条件 既存の住宅で活かせる部分を活かし、希望に合わせながら、機能回復や修繕・増築を行う 既存の住宅を基礎を含めすべて解体し、新たな住宅としてゼロから自由に建築していく
費用相場目安 3002,000万円(リフォームの規模や内容によって、大きく異なります) 1,0004,000万円(建築する住宅の規模や構造によっても、大きく異なります)
検討目安となる築年数 一般的には築1020年には部分リフォーム(特に水廻りや屋根・外壁)でも対応できますが、築2030年の場合大規模リフォームも視野に入れておく必要があります 30年以上が目安
間取り 基礎の部分は残す方法のため、一部制約あります ゼロから設計できるため、自由度が広がり一新できるメリットがあります
工期 標準リフォームの場合、約1ヵ月が目安になります 46ヵ月と工期も長くなる傾向があります

 

建て替えの負担となるものとは

このようにいくつかの項目を比較するだけでも、フルリフォームと建て替えでは大きく変化します。

さらに建て替えの場合、工期も長くなることから「引っ越し・仮住まいの準備」は負担になることも頭の中に入れておくことが必要です。

例えば近場へ仮住まいを用意した場合、の4人家族の引っ越し相場として約10万円位は必要でしょう。

その他にも仮住まいの家賃も、月610万円はかかってきます。

工期が長くなることで、建て替え費用に合わせ「プラス60100万円前後」は考えておきたいものです。

また大きく違う部分は、現在の住まいの解体・撤去の費用が発生する部分です。

フルリフォームでも発生しますが、住宅を1棟解体するともなると、その量は膨大となります。

一般的な解体費用の目安としては、30坪の一軒家で100~150万円前後が必要となります。

 

新たな住宅に生まれ変わらせるためには、建物に求める部分の他にも「費用の問題」も大きく影響をあたえます。

フルリフォームは今までの部分をうまく活かすことで、費用も抑えることも可能です。

広い視野を持ってこれからの住まいを検討することが、後悔のない住まいづくりにつながります。

 

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】

 

フルリフォームにも種類があります

【事例紹介】千葉県松戸市T様邸 キッチンと内装のリフォーム

リフォームはどの部分に手を加えるのかにより、大きく費用の変化する商品です。

フルリフォームであっても、それは同じです。

戸建てフルリフォームの場合、大きく分けて3つのスタイルに分けることができます。

① 内部+外部を解体する「フルリフォーム」

1番大規模なリフォームとなるのが、内部+外部を解体する「フルリフォーム」です。

基礎の部分を残し、中も外も新しくしていくリフォームスタイルです。

大規模になる一方、住宅のデザインも一新され、今までの良さを残しつつ新しい暮らしを手に入れることが可能です。

② 内部のみを解体する「フルリフォーム」

外部からは同じに見える住まいでも、内部のデザインや機能を一新させるリフォームスタイルです。

住まいの機能低下や消耗は、同じスピードでは進みません。

これからの生活に必要な部分を補えることも、リフォームの醍醐味と言えます。

③ 外壁(外部)のみを解体する「フルリフォーム」

室内にも住宅の疲れは現れますが、外壁などの外回りは「雨や風、直射日光、熱さ」など、多くの影響がダイレクトにくる部分です。

そのため傷みや機能低下は、風土や環境、今までのメンテナンスなどによっても、大きく違いが出ます。

外壁(外部)のみを解体する「フルリフォーム」では、外も周りをメインに行うリフォームスタイルです。

住宅の寿命にも大きく関係する部分ですから、フルリフォーム以外でもこまめなメンテナンスを心がけたいものです。

 

上で上げたフルリフォームも、ほんの一例に過ぎません。

リフォームの形は、住宅の数だけ方法や可能性があります。

  • ライフスタイルの変化にともなう戸建てのフルリフォーム
  • 子どもたちの独立により、自分たちの暮らしを充実させるための戸建てフルリフォーム
  • 子世帯との2世帯住宅を考えた戸建てフルリフォーム

など、様々な形があるのです。

 

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】

 

カラーズでは、お客様の声を形にするお手伝いをしています。

「こうなったらいいな」などの、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様の要望に合わせたご提案もさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。 

 

【私たちがあなたの住まいをサポートします-カラーズスタッフ紹介-】

 

フルリフォームにかかる費用目安はどのくらい?

外壁塗装 窓リフォーム

【事例紹介】千葉県八千代市I様邸 屋根・外壁の外装リフォーム

どのリフォームでも最終的に気になる部分は、いったいどのくらいかかるのかという「費用」の面でしょう。

リフォームは建て替えなどとは違い、ピンポイントから大きな範囲まで自由に選べるところが醍醐味です。

では一般的な費用目安をご紹介します。

あなたのリフォームの検討材料に、活かしてください。

築年数によってリフォーム費用は拡大する

住宅は家族と生活を共に過ごしてきています。

そのため年数が経過すればするほど、あちこちが疲れ、機能低下も大きくなります。

またリフォーム工事の場合は、蓋を開けてみて分かる「劣化」も少なくありません。

  • リフォームによって機能を回復する。
  • 快適性をアップさせる。

だけではなく、住宅の寿命を延ばしてくれる効果も期待できます。

築年数10年程度のリフォーム費用相場:約10150万円

【事例紹介】千葉県船橋市O様邸 屋根・外壁の塗装リフォーム

築年数が10年ほど経過してくると、少しずつ住宅の機能低下も目立ってきます。

例えば室内であればクロスの傷みや汚れ。

一戸建て住宅の場合、特に外壁などの傷みなどが生じやすくなってきます。

外壁塗装・屋根補修の場合、100万円~を検討しておきたいものです。

築年数1520年程度のリフォーム費用相場:約60500万円

おしゃれなリフォーム事例

【事例紹介】千葉県流山市A様邸 デザインリフォーム

築年数が経過してくる中で機能低下が激しくなってくるのが、「水回り」関係です。

洗面台やユニットバス、給湯器など、様々な部分のリフォームを検討するタイミングになります。

内装の劣化状態に応じてクロスや床を張り替えるほか、住宅の寿命も左右する屋根・外壁塗装も再度検討する時期になります。

 

※ 施工範囲やオプションによっても費用は変化します。

詳細はリフォーム会社からの見積もりをご確認ください。

 

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】

 

築年数からリフォーム規模を検討しよう

正面から撮影した写真

建て替えなどにより全面的な施行を考えるべきなのか。

それとも費用を抑えつつ、フルリフォームで対応していく方がベストなのか。

これからの住まいを検討する方法は、決してひとつではありません。

とはいえなかなか選びきれないと感じてしまう気持ちは、もちろんあると思います。

カラーズでは、お客様の声を形にするお手伝いをしています。

「こうなったらいいな」などの、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様の要望に合わせたご提案もさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。 

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

 

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】

【内装リフォームの事例】

【お風呂と洗面所リフォームの事例】

【キッチンリフォームの事例】

 

 一級建築士のいるリフォーム会社「カラーズ」

カラーズでは「安心したリフォーム・リノベーション」をご提供するために、「3つの安心」をお約束しています。

  •  ご要望に寄り添った提案を無料で実施
  •  建築基準法を順守した施工
  •  工事後の保証

一級建築士、宅地地盤調査主任、特別管理産業廃棄物管理責任者、外装劣化診断士、リフォームスタイリストなど、プロフェッショナルの視点から快適リフォーム・リノベーションをお手伝いします。

世界には様々な色が満ちています。あなたの住宅も、その色のひとつです。

それぞれ個性(Color)に合ったリフォーム・リノベーションを、しっかりとバックアップします。

ぜひお気軽にご相談ください。

――――――――――――――――――――――――――――――

<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

――――――――――――――――――――――――――――――

著者情報

山本道久

山本道久(株)Colors代表取締役

1971年 山口県生まれ A型 てんびん座

大手リフォーム会社を経て、2020年に株式会社 Colors を設立。
施主様ご家族様にとっても職方にとっても「心地よい現場づくり」のため着工から完工まで、安全第一・段取り一番で取り組んでいる。
趣味は車での旅行(日本全国行きました)。