良いリフォーム会社を見積もりで見極めるコツ|一級建築士リフォーム店解説  

リフォーム工事の見積書

住宅業界と関係ない一般の方にとって、リフォームの見積もりは決してわかりやすいものとは言えません。しかし複数のリフォーム会社の中から適正価格の良いプランを選ぶためには、見積もりをしっかり見極める必要があります。

今回は良いリフォーム店を見つけるため、見積もりのどんなところをチェックすべきなのか解説します。上手な相見積もりの取り方や「こんなリフォーム店は注意」というポイントも紹介しますので、ぜひ見積もり前に覚えて役立ててください。 

 

良いリフォーム会社を見積もりで見極めるコツ

リフォーム工事の平面図

見積書を見るときは次のようなポイントをチェックして、良いリフォーム会社を見極めましょう。

 

・要望が漏れなく入っているか?

最初にチェックすべきは、現地調査や打ち合わせの時に伝えた内容が漏れなく入っているかというポイントです。どんな人間にもちょっとしたミスはありますが、あれもこれも漏れているようでは、見積もり書の意味がありません。大切な我が家のことを、漏れやミスだらけの会社には安心して任せられませんよね。

 

・わかりやすい内容になっているか?

建築工事であるリフォームは専門性の高い部分が多いですが、見積もりは一般の方にもわかりやすい内容で記述するのが基本です。ほとんどのリフォーム店では見積もり内容を詳しく説明しますが、あとで見返しても内容が分からないようでは困ります。

専門用語を言い換えたり、図や3Dイメージなどの補助資料を添付したり、わかりやすい内容になっているかチェックしましょう。

 

・「一式」など曖昧な内容ではないか?

「キッチン工事一式:〇万円」のように内容を省略した見積もりは基本的に避け、必要な部材や工事内容をしっかり記載している会社を選びましょう。見積もり書は金額を確認するだけのものではなく、「どんな工事・材料が含まれているか」確認する意味もあります。打ち合わせ時に口頭で伝えた内容が含まれていないと、いざ工事の段階でトラブルになる可能性も。

行き違いを防ぐためにも、細かく内容を明記している見積もりの会社を選びましょう。

 

・追加費用の可能性が明記してあるか?

リフォーム工事中に発生する可能性がある追加費用が事前に分かると、あらかじめ資金を準備できるので安心ですよね。例えば「お風呂を解体して土台が腐っていたら補修費用が510万円かかります」と見積もりに明記してあれば、いざ慌てる心配がありません。

こうした細やかな配慮ができるのは、経験豊富なリフォーム店の証でもあります。

 

・根拠のない大幅値引きをしていないか?

定価のないリフォーム工事は値引き交渉のイメージが強いですが、根拠のない大幅値引きをする会社はちょっと警戒したほうが良いかもしれません。極端な例ですが10万円の工事の定価を20万円に設定して「今日契約なら50OFFできます」という会社は、ちょっと怖いですよね。

正確な内容と適正価格での見積もりなら、常識はずれの大幅な値引きはできないはずです。

 

・質問にすぐ答えてくれるか?

見積もり説明を受けているときに分からないことや疑問が出たら、その場でどんどん質問して担当者がすぐ答えてくれるかもチェックしましょう。

建築知識と経験豊富な担当者なら、ほとんどの質問に対してその場ですぐに答えてくれるはずです。「持ち帰って確認します」と言うばかりの経験がないリフォーム店では、良い工事はできないでしょう。逆にその場でパッとギモンに答えてくれるリフォーム店は、経験や建築知識について信頼できますよね。

 

上手な相見積もりの取り方

見積もり依頼中の家族

最近はリフォーム業界でも相見積もりが一般的になりましたが、適正価格で良いリフォーム会社を見つけるには取り組み方のコツが必要です。

 

・各社に伝えることを揃える

複数のリフォーム会社にバラバラな内容を伝えてしまうと、見積もりの工事内容がそろわないので正確な相見積もりはできません。相見積もりをするときは、同じ内容を各社に伝えるのが基本となります。

時間が空くと前の業者に伝えたことを忘れてしまう可能性もあるので、要望を箇条書きするなど記録をとっておくのがおすすめです。

 

・前の会社との打ち合わせ内容は伝えない

先に住まいを見に来たリフォーム会社との打ち合わせ内容を伝えてしまうと、後に来た業者が有利になってしまいます。もし後から来た業者や担当者の経験が浅くても、前のリフォーム会社のアイデアを借りて同じ見積もりをつくれるためです。金額が事前に分かるといくらでも調整できてしまいますので、相見積もりの意味がありません。

金額だけでなく技術力やデザイン力も正確に比較するため、ほかの会社との打ち合わせ内容は聞かれても答えないようにしましょう。

 

・相見積もりをすることを事前に伝える

よく「相見積もりの断り方が分からない」というご意見を見かけますが、最初の段階で相見積もりすることを伝えておけば問題ありません。「今回は相見積もりしますのでお断りする可能性がありますが大丈夫ですか?」と最初に了承を得ておけば、お互いに気まずさも軽減できます。

 

23社に抑える

相見積もりは数が多ければ良いというわけでもありません。工事内容にもよりますが、時間や費用対効果を考えると23社に抑えるのがおすすめです。

相見積もりの数を増やし過ぎると多くの時間を取られますし、出てきた見積もりを正確に比較するのも困難になってきます。どの会社とどんな内容を話したのか覚えておくのも大変ですから、行き違いの発生率も高くなります。

手あたり次第に見積もりを依頼するのではなく、ホームページをチェックしてある程度信頼できそうな23社に絞りましょう。

 

・最初の見積もりで1社に絞るのがおすすめ

現地調査と打ち合わせ、1回目の見積もり説明を受けた時点で会社の雰囲気や実力はつかめますので、1社に絞ってから内容を煮詰めていくのが良いでしょう。

複数の会社で見積もりやプランの変更・調整を進めると断りにくくなりますし、時間や手間もかかります。前述したチェックポイントで良いリフォーム会社を1つ見極め、そこに時間を集中して理想のプラン・見積もりに仕上げましょう。

 

こんな見積りは要注意

リフォーム見積もりと印鑑

 

・他社とくらべて異常に高い/安い

同じ設備と工事内容のはずなのに異常な価格差がある場合、どちらかに問題がある可能性が高いです。利益を取り過ぎて高い、品質が低すぎて安い、どちらの可能性もあるため高くても安くても注意が必要です。

 

・見積り直後に契約を迫る

一回目の見積もり説明を受けたあと、その場で契約を迫ってくるリフォーム会社にも要注意。一度落ち着いてから家族で話し合い、正確な判断をするのが望ましいです。

「今ならすぐに工事予約を取れます」「今日ハンコをもらえれば割引します」こうした営業トークには惑わされず、良心的なリフォーム会社を選んでください。

 

・間違いが多い

誤字脱字や内容の抜け、設備の仕様間違いなどが多い見積書にも気を付けましょう。見積もりの段階で間違いが多いということは、実際の工事でもミスが発生しやすいということ。発注ミスで違う商品がついてしまったり、施工ミスが発生したりしたら困りますよね。

見積もりの正確さもリフォーム会社の信頼性を計る大切な基準の一つです。

 

まとめ:良いリフォーム会社は、正確な見積もりで選びましょう

リフォーム会社の営業姿勢や工事品質は、見積もりのクオリティとなって明確に現れます。見積もりの分かりやすさや正確さに注目して、良心的なリフォーム会社を見つけましょう。今回ご紹介したチェックポイントを活用して、相見積もりや施工店選びにお役立てください。

 

千葉・埼玉・茨城・東京エリアでリフォームをお考えの際は、一級建築士リフォーム店「カラーズ」にもぜひご相談ください。有資格者による現地調査と経験に基づくヒアリングで、お客様にピッタリなプランと正確な見積もりを作成します。

一級建築士の現場調査

【一級建築士によるプラン提案】

 

保守メンテナンスから増改築までどんなことにも対応しておりますので、お住まいのホームドクターとしてぜひご活用くださいませ。

対応エリア

【対応エリア】

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】


<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

著者情報

山本道久

山本道久(株)Colors代表取締役

1971年 山口県生まれ A型 てんびん座

大手リフォーム会社を経て、2020年に株式会社 Colors を設立。
施主様ご家族様にとっても職方にとっても「心地よい現場づくり」のため着工から完工まで、安全第一・段取り一番で取り組んでいる。
趣味は車での旅行(日本全国行きました)。