リフォーム期間の目安と工事中の注意ポイント|千葉県の一級建築士リフォーム店が解説

内装リフォームの工事中

リフォームはプラン作りや予算など契約前のことも重要ですが、工事期間中の取り組み方も成功に大きく関わるポイントです。

今回は工事種別のリフォーム期間の目安、工事中に注意すべきことなどを解説します。

リフォーム工事を控えている方はもちろん、これから見積もりや検討を始める方もぜひ覚えておいてください。

 

工事期間はリフォームの成功に関わる!

キッチンリフォーム工事中の様子

これからリフォームに取り組む方にとっては予算やプラン内容が気になる部分ですが、工事期間中のことはそれ以上に重要になってきます。どんなにリーズナブルで暮らしやすいリフォームプランでも、工事でトラブルが発生すると失敗になってしまいます。

リフォームは今住んでいる家を工事しますから、新築住宅のように手順通り工事を進めるだけではうまくいきません。工事個所の片付けや工事期間の把握など、事前の準備が重要となります。

私たち施工店のアドバイスやサポートも重要ですが、お施主様ご自身の理解と準備も大切です。今回の記事を参考にしていただき、スムーズな工事でリフォームを成功させましょう。

 

工事種別:リフォーム期間の目安

まずは代表的な工事種類別に、見積もりやプラン検討も含めたリフォーム期間の目安と注意すべきポイントをチェックしていきましょう。

※あくまで目安となりますので、お住まいの状況や工事内容によって変動することがあります。

 

キッチン交換

交換後のシステムキッチン

水回りの中でもキッチンはバリエーションやオプションが豊富なため、見積もりからプラン決定までの時間が比較的かかります。あせって決めると失敗しやすいため、時間に余裕を設けてショールームで実物をしっかり確認しましょう。

キッチンの単純な入れ替え交換なら二日間、位置やレイアウトの変更がある場合は配管や下地変更の日数がプラスになります。システムキッチンは受注生産となるため、発注してから商品が届くまで2週間前後かかる点も頭に入れておきましょう。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 2週間~
発注から着工まで 2週間前後
工事期間 25

 

 

お風呂(ユニットバス交換)

リフォーム工事後のユニットバス

最新のユニットバスは決めるべきポイントはそれほど多くありませんが、浴槽のサイズなどはなるべくショールームで実物を確認したいため仕様決定まで余裕を見ておきましょう。

キッチンと同じように発注してから2週間前後の納期がかかります。

現状タイル浴室の場合長年の水漏れで土台の補修が必要なケースがあるため、1日程度の予備日を設けるのが基本です。お風呂に入れない期間も45日になりますので、スーパー銭湯などの施設を活用できるように計画しておきましょう。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 1週間~
発注から着工まで 2週間前後
工事期間 45日(予備日含む)

 

 

トイレ交換・洗面化粧台交換

リフォーム工事後のタンクレストイレ

基本的に既製品を選ぶトイレ交換や洗面化粧台交換は1日で商品が決まることも多く、比較的素早く着工できる工事です。単純な入れ替え交換ならその場で見積もり金額が分かることもあるため、水漏れなど緊急性が高いときも相談してみる価値はあります。

実際の工事も位置変更などない交換のみなら1日以内、内装の張り替えと同時なら12日間が相場です。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 1日~(メーカー・カラーによっては受注生産で伸びるケースあり)
発注から着工まで 1週間前後(在庫があれば数日のケースも)
工事期間 12

 

 

・外壁/屋根塗装

屋根塗装リフォームの仕上がり

外装の塗装メンテナスは、現場調査から見積もり作成まで1週間前後で、カラーが決まればすぐに契約・発注できます。人気のリフォーム店ほど職人のスケジュールが埋まっていることが多いため、着工・完成の日程は余裕を持っておくと良いでしょう。

外作業のためどうしても天候に左右されますが、工事期間は12週間前後が目安です。洗濯物を干せない期間などもあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 1週間~
発注から着工まで 2週間前後
工事期間 12週間(天候による)

 

 

壁紙張替え

壁紙張替え工事後のマンション

リフォーム工事の中でも頻度が高い壁紙張替えは、工事期間は短いものの事前準備が大変な作業です。

6畳の天井・壁クロスの張り替えなら1日で完了しますが、基本的にお部屋を空っぽにしておく必要があります。勉強机や本棚など移動が難しい家具がある場合は、着工前に移動してもらえるか良く相談しておきましょう。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 1週間~
発注から着工まで 1週間前後
工事期間 6畳の場合:1

10畳のリビング:2日~

 

フローリング張り替え

無垢フローリングの仕上がり

フローリングのリフォームは主に2つの方法があり、かかる工程が変わってきます。

既存のフローリングをはがして張り替える場合、6畳の工事で2日前後からが目安となります。いまのフローリングに重ね張りすることができれば、解体~搬出がなくなるので1日で仕上がるケースも。

フローリング工事はお部屋にある荷物を完全にどかさないとできないため、大きな荷物がある場合はしっかり準備しましょう。特にピアノは移動すると調律が必要になるため、専門業者への依頼で費用が別途かかるケースがあるので要注意。

 

見積もり・プラン作成・仕様決定 1週間~
発注から着工まで 1週間前後
工事期間 6畳の張り替え:2日~

6畳の重ね張り:1日~

 

工事中に注意すべきこと

外壁塗装の足場

 

・近隣との関係性

リフォーム工事中は材料を加工する電動工具や解体時の音、振動やホコリによるご近所への影響に注意しなければいけません。こうした問題は私たち施工店側が配慮すべき部分でもありますが、お施主様ご本人の取り組みによってさらにトラブルを防止しやすくなります。

工事中お隣さんと顔を合わせたときに「ご迷惑かけてすみません」と一声かけておくだけでも、かなり印象が変わります。特に振動や音が出る作業の前日などは私たちも近隣にお声掛けしますが、お客様でも声を掛けていただくとさらに効果的。

ご近所の方の協力なくして良い工事はできませんので、私たちリフォーム店とお施主様で協力しながら良い関係性をキープしていきましょう。

 

・生活への影響

工事期間中はいつもの生活とくらべて制限が発生しますが、どれくらいの影響があるかしっかり把握しておきましょう。

どれくらいの時間立ち合いが必要なのか、工事中の外出は可能なのか、どれくらい設備が使えないのか。事前に把握しておかないと、生活とのバランスが取れず不便を感じてしまいます。あらかじめ把握しておくと対処することができ、生活の影響も少なく抑えられます。

 

・工期が伸びた時の対応

前の項目でもお伝えしましたが、リフォーム工事は解体してみないと分からない部分もあるため、工期が伸びたときの対応も準備しておかなければいけません。

例えばお風呂工事で予備日を設けておかないと、土台や柱が腐っていたときに対応できず工期が大幅に伸びてしまいます。予備日を設けておけば1日で済むことが、材料や職人の手配で1週間以上延長してしまうケースも。お風呂に入れない日は1日でも伸びたら大変なことですよね。

このような準備はわれわれ施工店の役目ですが、お客様側でも工程をチェックする目線を持っておくとさらに安心です。

 

リフォーム工事期間を短く抑えるコツ

工事中のユニットバス配管 

 

・技術力と管理能力の高い施工店を選ぶ

複数の職人が入れ替わりで作業するリフォーム工事では、現場監督の監理能力が重要になります。朝から10時までは大工さんで、入れ替わりで水道屋さん、といった時間単位の工程が組めないと、待ち時間やムダが発生してしまうのです。

職人さんの技術力はもちろん、施工店や担当者の経験・知識が高いほどスムーズな工事で期間も短縮しやすいです。リフォーム店選びの際の一つの基準として頭に入れておきましょう。

 

・工事個所をしっかり片付けておく

リフォームの着工日までに工事個所を空っぽにしておくことも、工期短縮のために欠かせない作業です。工事のスタートが片付けから始まると、半日~1日がムダになってしまうことも少なくありません。工程が後にずれ込むとすべての効率が狂ってしまうこともあるため、必ず事前に片付けておきましょう。

作業箇所はもちろんですが、材料や工具の搬入出に使う通路部分など関連する場所の片付けも重要です。着工前によく打ち合わせして、どこまで片付けが必要なのか確認しておきましょう。

また工事中は多くの人間が出入りしますので、便乗した空き巣などに狙われないよう、貴重品についてもしっかり管理しましょう。絵画や工芸品など、壊れたり汚れたりすると困るものも安全な場所に避難させておくと安心です。

 

・大掛かりな工事では仮住まいを検討

LDKの間取り変更やフルリノベーションなど、居住空間全体のリフォーム工事の場合は空き家状態の方が工期を短縮できることが多いです。荷物や家具のない空っぽの状態だと複数の工事を同時に進められるため、効率が良くなるケースが多いです。

仮住まいするアパートの家賃は必要になりますが、工期短縮できるとコスト削減にもつながるため、結果的に大きな損にはなりません。1か月前後の長期リフォームの場合は、積極的に仮住まいも検討しましょう。

ただしお仕事や学校などの都合で仮住まいが難しいケースも多いと思います。その場合もムリの無い在宅リフォームのプランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

まとめ:しっかり準備してスムーズに工事を進めましょう

はじめてのリフォームでは、工事前の準備や期間中の取り組み方など分からないことがたくさん。普段の生活と異なる部分も多いですから、しっかり準備してスムーズに工事を進められるようにしましょう。

効率良く工事を進めるためには、私たちリフォーム店のノウハウや技術力も欠かせません。一級建築士リフォーム店「カラーズ」では、お住まいやライフスタイルに合わせたスマートな工程でお客様の負担が少ない工事を進めます。小さなお子さまがいらっしゃる方、お仕事が休めない方も、お気軽にご相談ください。

対応エリア

【対応エリア】

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】


<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

著者情報

山本道久

山本道久(株)Colors代表取締役

1971年 山口県生まれ A型 てんびん座

大手リフォーム会社を経て、2020年に株式会社 Colors を設立。
施主様ご家族様にとっても職方にとっても「心地よい現場づくり」のため着工から完工まで、安全第一・段取り一番で取り組んでいる。
趣味は車での旅行(日本全国行きました)。