一軒家のメンテナンス時期を知って長持ち|千葉県のリフォーム費用実例を紹介

外壁塗装の足場

外壁塗装や水回りの交換など、一軒家にまつわるメンテナンスはたくさんの種類があります。築年数によって適切なメンテナンスタイミングがあり、住まいの寿命にも大きく関わってくるポイントです。

今回は築年数別に、一軒家に必要なメンテナンスの種類や費用をご紹介します。お住まいのリフォームやメンテナンスを検討している方は、将来かかる費用を知ってしっかり準備しましょう。

  

 

家の寿命はメンテナンスに左右される

外壁塗装の下塗り

日本の木造住宅は耐用年数が短いイメージが強いですが、しっかりメンテナンスすることで十分長持ちさせることが可能です。木造戸建ての耐用年数は22年と定められていますが、これはあくまで建物の資産価値を判断する指標。実際に100年以上前に建てられたお寺や古民家が現存することからも、木造住宅の寿命は短くないことは分かります。

ただし適切なメンテナンスサイクルを守らず放置してしまうと、雨風が建物内に侵入して寿命を縮めてしまいます。大切な我が家を長持ちさせるためにも、必要なメンテナンスの種類や時期、予算も把握して備えておきましょう。

 

築年数別:一軒家に必要なメンテナンス

マイホームは月日が経つごとに各部分が老朽化していき、メンテナンスが必要な個所が増えていきます。おおまかな目安として新築から3つの築年数に区切り、各段階で必要なメンテナンスの種類や費用相場を解説します。

 

・築1020

トイレ交換と内装張り替え

建ててから1020年前後は、内装の張り替えや補修、外壁・屋根の塗装といった表面的なメンテナンスが必要なタイミングです。内装のクロスやクッションフロアは建物の寿命に大きく影響はしませんが、雨風から建物を守る外壁・屋根塗装は重要なメンテナンス。建材や工法、日当たりなどの状況にもよりますが、1015年を目安に実施するとマイホームの寿命を延ばすことができます。

新築時の工法にもよりますが、築10年前後はシロアリ消毒のタイミングでもあります。薬剤の効果が切れるとシロアリ被害が発生しやすくなりますので、点検の上で状態によって再施工したほうが良いでしょう。

 

  費用相場
内装クロス張り替え 1万円~/
外壁塗装 80120万円
屋根塗装 4060万円
シロアリ消毒 1020万円
給湯器交換 1520万円

 

1020年のタイミングでは、大体200300万前後のメンテナンス費用が掛かると考えておくのが良いでしょう。

 

・~築30

お風呂リフォーム中の様子

このタイミングではまず水回りの交換が大きなメンテナンスといえます。

トイレ・洗面台・ユニットバス・キッチンの水回りはほぼ同時期に交換時期を迎え、放置すると故障や水漏れリスクが高まります。30年も経つと性能や使い勝手もかなり進化していますので、良いタイミングで交換したほうが生活も便利になるでしょう。水回り交換の際は壁のクロスや床のクッションフロアが干渉するケースがあり、前回の柄が廃盤になっていることも多いため、このタイミングで一新するのもおすすめです。

内装はクロス張替えに加え、フローリングの張り替えや室内ドアの交換などもしたくなってくるタイミング。部分的にリフォームすると新しい部分と古い部分の対比が目立つため、目に入る部分をまとめてリフォームする方が多いです。

外装は2回目の塗装タイミングに加え、雨どい・ベランダ屋根の樹脂パネルなどが交換時期を迎えます。1回目の塗装より少し多めに予算を見ておきましょう。

 

  費用相場
キッチン交換 60~200万円
ユニットバス交換 80~150万円
トイレ交換 15~30万円
洗面化粧台交換 1530万円
フローリング張り替え(6畳) 1825万円
内装ドア・建具交換 610万円/
雨どい交換 2050万円
ベランダ屋根樹脂パネル交換 510万円

 

30年前後のタイミングでは、建物の寿命を延ばすための重要な工事が多いので、今後も長く暮らすなら適切なタイミングでの実施が重要となります。1020年の内容にプラスして費用はトータルで6001000万円前後用意しておきましょう。

 

・築4050

スケルトンリフォーム中の様子

この築年数になると、基礎・柱・土台などの構造部を除き、内外装や設備のほとんどが寿命を迎えます。その後も長く暮らす前提でメンテナンスするなら、ほとんどの部分を作り替えるスケルトンリフォームのような内容になるでしょう。

しっかり塗装メンテナンスしていても、ほとんどの屋根・外壁材は交換時期となります。後付けのバルコニーやカーポートなどのアルミ製品も、耐久性を考えると交換すべきタイミング。

建物内の給排水管も3040年を想定して設計されているため、基本的にすべて入れ替えが必要になります。古い場所を残すと将来かえって費用が掛かってしまいますので、構造部分を残して新しく作り変える時期だと考えましょう。

これだけ時間が経つと、間取りもその時代のライフスタイルにマッチしなくなっているはず。間取り変更を含む全面リフォームで、その時代の暮らしに合わせた住まいに作り替えましょう。

一度すべてを解体するスケルトンリフォームの費用相場は、1,5002,000万円前後です。ただしこれより前のタイミングで外壁や屋根などを張り替えているなら、そのまま活かして費用を節約することもできます。

 

DIYメンテナンスはアリ?

リフォーム後の洗面所

最近は道具や情報が簡単に手に入るようになり、自分で住まいのメンテナンスを行うDIYを検討する方も増えてきました。結論としては、コストパフォーマンス・安全性を考えると実際のメンテナンス作業はプロに依頼したほうが良いでしょう。

例えば6畳の内装クロス張替えはプロだと1日で終わりますが、慣れないDIYだと数日かかることも少なくありません。工事費が浮くのはメリットですが、かかる時間や揃える道具などを考えるとコストパフォーマンスはあまり良くないといえるでしょう。

外壁塗装や水回りのメンテナンスに挑戦する方も多いですが、万が一失敗した時のリスクや補修費用は大きいです。自分でできる取り組みとしては、定期的な清掃・点検をして劣化を早期発見することがコストダウンと長寿命化につながります。こまめなお手入れでメンテナンスサイクルを伸ばし、実際の作業は私たち専門家におまかせください。

 

メンテナンスフリーの家ってどうなの?

屋根葺き替えリフォーム

最近はメンテナンスフリーを掲げる住宅商品や建材も登場していますが、基本的に全くメンテナンスが必要ない家はあり得ません。

例えば紫外線や雨風に強いタイルを外壁に使う場合、建材自体はメンテナンスフリーと言えますが、接着剤や目地は劣化していきます。そのままだとはがれて雨漏れしてしまいますので、メンテナンスはやはり必要になってきます。

メンテナンスフリーという表記の住宅や建材が出てきたら、「耐久性が高いモノ」という認識で考え、費用対効果を検討してみてください。

 

まとめ:適切なメンテナンスでマイホームの寿命を伸ばそう

一軒家は築年数に応じた適切なメンテナンスをするのが、長持ちさせるコツです。雨漏れ、シロアリ被害などのトラブルを防ぐために、設備の故障や水漏れといったトラブルがなくても、定期的にメンテナンスを実施しましょう。

 

一級建築士の現場調査

内外装の適切なメンテナンスを実施するには、建築知識のあるリフォーム店による現地調査が重要となります。私たちカラーズは、一級建築士による建物診断で必要なメンテナンスをしっかりご提案します。

千葉県松戸市を中心に営業しておりますので、お住まいのメンテナンス相談、見積もりなどお気軽にご相談ください。内装の張り替えや細かいメンテナンスから全面リフォームまで、お住まいのホームドクターとしてご活用いただければ幸いです。

対応エリア

【対応エリア】

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】


<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

著者情報

山本道久

山本道久(株)Colors代表取締役

1971年 山口県生まれ A型 てんびん座

大手リフォーム会社を経て、2020年に株式会社 Colors を設立。
施主様ご家族様にとっても職方にとっても「心地よい現場づくり」のため着工から完工まで、安全第一・段取り一番で取り組んでいる。
趣味は車での旅行(日本全国行きました)。