水回りリフォームセット選びで注意するべきポイント|千葉の一級建築士リフォーム店解説

リフォーム工事後のユニットバス

トイレ・洗面・キッチン・お風呂の水回りは大体同じ年数に交換時期がくるため、お得なリフォームセットを検討する方も多いと思います。さまざまなリフォーム会社が水回りのパック工事を提供していますが、選ぶ際は価格以外にも注意すべきポイントが。

今回は水回りリフォームセット選びで注意すべきポイントや、パック料金のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

 

水回りリフォームセットは本当に安いの?

掃除しやすいタンクレストイレ

色々なリフォーム店のチラシやホームページでたくさんの水回りリフォームセットを見かけますが、本当に安いのか気になったことはありませんか?結論としては、水回りリフォームはまとめると工事費が安くなるので、実際にオトクと言えます。

 

キッチン交換 水道

電気

大工

設備組み立て

内装

ユニットバス交換 水道

電気

大工

解体

設備組み立て

内装

トイレ交換 水道

電気(ウォシュレットを新設する場合)

大工

内装

洗面台交換 水道

大工(必要ないケースもあり)

内装

 

水回りリフォームでは上のような職人の作業が発生しますが、ほとんどの工事で被っていることが分かりますね。同時に工事スケジュールを組めると職人の手間が減り、ムダなコストをカットすることができます。例えば4カ所を同時に解体撤去できれば、一回ずつ作業するより人件費や養生費を節約できます。

つまり水回りリフォームセットは、品質を落とさずムリなくリフォーム費用を安くできるということです。水回りリフォームを検討するときは、なるべく単品ではなくセットで考えるのがおすすめ。

 

水回りリフォームセットの費用相場

壁付けのI型キッチン

 

・水回り3点セット

リフォーム会社によって3点セットの組み合わせは変わってきますが、お風呂とキッチンを軸にトイレか洗面台を追加したセットが多いです。トイレ・洗面は故障がきっかけで単品工事することが多く、交換の必要がない方におすすめのセットです。

費用相場としては100~150万円のセットが多く、一か所ずつ工事するよりかなり費用を節約できるでしょう。

 

・水回り4点セット

キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレの水回りすべてを交換するセットです。新築してから水回りが手付かずの場合、ちょうど交換時期がそろうので4点セットを検討するのがオトクでしょう。

費用相場としては、120~200万円前後が多いです。

 

水回りリフォームセットを選ぶメリット

戸建てのユニットバス

 

・価格が安い

前述したように水回りリフォームをまとめると、品質を維持したまま価格を安くできるのが大きなメリット。リンゴを1個買うより箱でたくさん買った方が安くなるのと同じ仕組みです。トイレだけ、お風呂だけといった単品工事がダメと言うわけではありませんが、耐用年数を考えると同時に工事したほうが良いでしょう。

 

・工事期間を短縮しやすい

複数の水回り工事を同時進行で進めると、効率の良い工程を組めるため工事期間短縮につながります。それぞれ単品で工事するより、リフォーム中の負担を軽減することができます。

 

・商品選びの手間が少ない

リフォームパックの設備や商品は売れ筋でコストパフォーマンスが良いモノが多いため、自分で一から選ばなくて良い点もメリットといえるでしょう。

水回りメーカーは大手から一般には知られていない会社までたくさんあり、すべてを比較検討するのはかなり大変です。売れ筋商品は基本的な機能や性能を持ちつつ価格を抑えているので、大失敗につながることも少ないでしょう。

 

水回りリフォームセットを選ぶデメリット

収納の多い洗面化粧台

 

・ほかの商品を選べない

水回りの使い勝手や仕様にこだわりがある方にとっては、商品が選べない水回りリフォームセットがマッチしないケースもあるでしょう。

セット料金に含まれる水回り設備はエントリーグレードの物が多いため、清掃性や節約性能など細かい部分が省略されているケースも。好きな仕様や商品に変更するとオプション料金で高くなるケースもあり、こだわり派の方にとっては、セット料金がデメリットになるかもしれません。

 

・構造や間取りによっては高くなる

リフォームセットは一般的な間取りやサイズを基準にしているため、特殊な構造や間取りには対応できないケースも。例えばお風呂に梁があるなど特殊な構造だと、材料や技術料の別途料金が発生します。

大手ハウスメーカーは独自規格を採用しているところもあり、安いリフォームセットだと対応できないケースも多いです。

 

 

水回りリフォームセット選びで注意すべきポイント

システムキッチンのプランシート

 

・諸経費やオプション費用

一見安く見えるセット料金も、実際に見積もりを取ってみたら諸経費や必要なオプションが膨らんで高くなるケースは少なくありません。リフォームセットを検討する際は、料金の内訳や発生する可能性があるオプションをしっかり確認しましょう。

 

・工事品質

価格だけを追求したリフォームセット商品は、工事品質の不備やトラブルのリスクもあるため要注意です。

商品の原価を下げるのは限界がありますので、価格競争が激化すると職人の手間や技術料が削られていきます。結果的に日当が安く技術力の無い職人が工事を担当することになり、水漏れや施工不良のリスクが増えてしまうのです。

いくら商品や工事が安くても、水漏れが発生して建物にダメージが発生してしまっては意味がありません。価格だけを比較するのではなく、施工店の品質への取り組みもしっかりチェックしましょう。

 

・アフターフォロー/保証体制

新しい設備と元の配管をつなぐリフォームは、熟練の職人が工事をしても水漏れや初期不良のリスクをゼロにすることはできません。水回りリフォームを検討する際は、必ずリフォーム店の保証体制やアフターフォローの取り組みをチェックしてください。

実店舗の無い激安ネットリフォーム店で工事をして、初期不良が起きたので連絡したら全然来てくれない…、というのは良く聞く失敗談です。保証期間がどれくらいあるのか、水漏れしたときすぐに来てくれるのかなど、いざというときのことを想定して選びましょう。

 

【参考】⇒カラーズの保証

 

・使いやすさ

毎日の生活に直結する水回り設備は、使いやすいことが何より重要なポイントです。

キッチンを例に挙げると、扉式のキャビネットは二段引き出しより安いですが、収納量は少なくなります。価格だけを見て選んでしまうと、いざ完成して調理器具が入りきらないといった失敗につながります。

最近はチラシの写真と実際の仕様が違う悪質な広告は減ってきましたが、うっかり勘違いしてしまうようなリフォームセット商品もゼロではありません。水回りリフォームは価格だけではなく、必ず使いやすいかどうかをしっかりチェックしましょう。

 

パック料金でなくてもオトクになる?

リフォーム後のシステムキッチン

前述したようにリフォームセットはメリット・デメリット両面あるため、すべての方におすすめなわけではありません。予算や設備の状態によっては、トイレと浴室、キッチンと洗面など2か所だけリフォームしたいケースもありますよね。

結論としては、リフォームセットやパック料金でなくても、まとめて工事をするならオトクになるので大丈夫。キッチンの使い勝手にこだわってオーダーしたり、こだわりの仕様を選んだりしても、単品リフォームより安く抑えることができます。

わたしたちカラーズも、お客様のお住まいやライフスタイルに合わせた水回りリフォームを、リーズナブルに提供できるよう工夫しています。使い勝手・デザイン・価格どれも妥協したくない方も、ぜひお気軽にご相談ください。

 

まとめ:リフォームセットは状況に応じて使い分けましょう

まとめ工事で安くなるリフォームセットですが、使いやすさや工事品質など注意すべき点もあるため、すべての方にマッチするわけではありません。リフォーム工事をする目的や予算、建物の状況なども踏まえ、上手に使い分けるようにしましょう。

水回りリフォームは現場調査による劣化の発見、使いやすいプランの提案など私たち施工店の品質も重要になります。カラーズでは一級建築士がご自宅をしっかり調査し、建物の状況に合って使いやすい設備プランをご提案いたします。

一級建築士の現場調査

【一級建築士によるプラン提案】

 

千葉県松戸市を中心とした地元密着体制で、素早いアフターフォロー/保証体制も構築。お近くで水回りリフォームをご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

対応エリア

【対応エリア】

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】


<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

著者情報

山本道久

山本道久(株)Colors代表取締役

1971年 山口県生まれ A型 てんびん座

大手リフォーム会社を経て、2020年に株式会社 Colors を設立。
施主様ご家族様にとっても職方にとっても「心地よい現場づくり」のため着工から完工まで、安全第一・段取り一番で取り組んでいる。
趣味は車での旅行(日本全国行きました)。