ガスからIHに変えると困ること&対策|変えてよかったことも紹介

ビルトインIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターはフラット天板のお掃除しやすさ、火の出ない安全性などが魅力的♪

しかしガスコンロからいきなり変えると使い勝手が変わるので、心配な方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ガスコンロからIHクッキングヒーターに切り替えて不便を感じやすいポイントと、対策方法をセットで解説します。

IHに変えてよかったと感じる方が多いメリットや、良く聞くウワサについても回答しますので、どちらか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ガスコンロとIH、結局どっちが良いの?

ビルトインガスコンロのシステムキッチン

一般住宅にIHが普及してからかなりの時間が経ちましたが、ガスコンロとどちらが良いかはいまだに意見が分かれるところ。

結論としては、IHとガスコンロ両方ともメリット・デメリットがあるので、どちらが正解ということはありません。

しかし使い勝手は大きく変わるので、このあと紹介する悪い点・良い点を踏まえて、どちらが良いか検討してみてください。

ガスコンロからIHに変えると困ること&対策

・停電時に使えない

電気で可動するIHは停電時使えないため、お料理の途中だと困ってしまいますよね。

最近は長時間停電することも少なくなってきましたが、ガスからIHに変えるとき心配する方が多いポイントです。

【対策】⇒卓上コンロを用意する

停電時の不便対策としては、卓上タイプのカセットコンロを用意しておくのがおすすめです。

万が一停電が長い時間続いても、お湯沸かしや簡単なお料理はこなすことができます。

停電のとき本格的なお料理を続ける方は少ないと思いますので、卓上コンロでも問題はないでしょう。

卓上コンロなら土鍋が使えるのも便利です。

・今までの鍋が使えない

IHに替えたら今までガスコンロで使っていた鍋やフライパンが使えなくなってしまい、買い替えを余儀なくされたというのもよくあるお困りパターン。

一般的なIHヒーターは鉄や磁石が付くステンレスでないと加熱できず、銅やアルミ材質だと使えなくなってしまいます。

【対策】⇒オールメタルタイプを選ぶ

今使っている調理器具に銅やアルミ製が多いなら、対応できる「オールメタル」のIHヒーターを選ぶのがおすすめです。

普通のIHより1~2万円程度高くなりますが、今までのお鍋やフライパンもそのまま使える可能性が高くなります。

ただしなべ底が平らでないと使えないケースもあるので、選ぶ前にしっかり確認しましょう。

・火力調整が難しい

直接火を出さないIHは、ガスコンロのように視覚的に火力調整できないのも最初戸惑う方が多いポイントです。

どの機種も段階別に火力調整できるのですが、見た目が変わらないので慣れるまでは難しいかもしれません。

【対策】⇒火力調整しやすい機種を選ぶ

IHの火力調整については各メーカーから工夫された製品が販売されているので、使いやすい物を選びましょう。

例えばお鍋の回りにオレンジやレッドで視覚的なサインが出る機種なら、慣れるのも早いでしょう。

メニューを決めると自動で火力調整してくれる機能など、失敗を防ぎやすい機種もあります。

・炙りが使えない

海苔をパリッとさせたいときやイカをサッと炙りたいとき、火の無いIHだと対応できないのも、意外と困るポイント。

【対策】⇒オーブントースターを使う

ちょっとした炙りを使いたいときは、IHではなくオーブントースターを使うのがおすすめです。

IHにも「ラジエーター」という直接加熱するタイプはあるのですが、熱効率や使い勝手はあまり良くないのでデメリットの方が大きいかもしれません。

オーブントースターならリーズナブルですし、壊れてもすぐに買い替えできます。

ガスコンロからIHに変えてよかったこと

IHクッキングヒーターで揚げ物

・掃除がラク

最近はガスコンロもお掃除しやすいガラストップ製品が増えていますが、ごとくの無いIHはワンランク上の清掃性♪

油跳ねや吹きこぼれもサッとふき取りやすいので、汚れが溜まらずいつまでもキレイな状態をキープしやすいです。

・夏場涼しい

直接火が出ないIHは上昇気流が少ないため、夏場のお料理がラクになったという意見も多いです。

キッチンはリビングのエアコンから遠いので、夏場は冷房を付けていても暑さがキビシイことも多いですよね。

ただでさえ体力がキツイ夏の家事負担が減るのは、IHの意外なメリットの一つではないでしょうか。

・調理時間が短くなった

なべ底を直接加熱するIHクッキングヒーターは熱効率が良く、お湯が沸く時間を短縮できてお料理効率が良くなるのも大きなメリットです。

炒め物の際も火の立ち上がりが早いため、仕上がりまでの時間を短縮できます。

・高齢の家族が使うとき安心

IHも調理器具そのものは熱くなるので注意が必要ですが、ガスコンロのように火の燃え移りによる火災リスクが少ないのはやはり安心ですよね。

奥のモノを取るときに袖口がうっかり燃える心配が無いので、高齢の両親のお住まいでIHを選ぶ方も多いです。

お子さんと一緒にお料理することが多いご家庭でも魅力的なポイントですね。

IHクッキングヒーターに関するウワサの真相

IHクッキングヒーターとフライパン

・上昇気流がないからニオイが広がる?

火が出ないIHは上昇気流が弱いため、お料理中の煙やニオイが広がりやすいという意見は多いです。

昔ながらのプロペラファンは換気量が少ないため、IHと組み合わせるとニオイが広がりやすくなる可能性はあります。

現在主流のシロッコファンで吸い込みが強いレンジフードを選べば、ニオイや煙の拡散を抑えることができます。

・鍋が振れない?

鍋底が離れると加熱が止まってしまうため鍋を振れないのがIHの大きなデメリットでしたが、最近は鍋振り可能なモデルも登場しています。

そもそもIHはガスのように熱が広がらないため鍋振りは不要と言われていますが、ガスの時と同じようにお料理できる製品を選べば大丈夫です。

・オール電化にしないと安くない?

キッチンだけIHにしてお風呂はガス給湯器を使い続けるとガスコンロより光熱費が高くなると言われますが、これはケースバイケースです。

料金設定が安めの都市ガスの場合、IHだけだとガスコンロより光熱費がかかるケースが多いようです。

プロパンガスで料金が高いお住まいなら、IH単体でも光熱費が安くなる可能性が高いです。

現在のガス料金や電気契約によっても変わってくるので、一度光熱費回りを見直してみましょう。

・ガスコンロよりIHの方が寿命は短い?

電気製品であるIHクッキングヒーターの耐用年数は10年が目安ですが、実はガスコンロも同じ10年なので変わりません。

構造が単純なガスコンロは実際もっと長く使えるケースも多いですが、見えない部分が劣化しているので交換したほうが安心して使えます。

・IHも火事になるってホント?

直接火が出ないIHは燃え移り事故リスクはありませんが、間違った使い方が原因の火災事例は報告されています。

底が平らでない鍋を使って温度センサーが働かなかったり、天ぷら調理中にその場を離れたり、使い方を間違えると火事になる可能性はあります。

ただし使い方を守らないと火事リスクが高まるのはガスコンロもIHも同じ。しっかりルールを守れば大きな問題はありません。

・料理はガスの方が美味しいの?

IHが登場したばかりのころは火力が弱い製品が多かったこともあり、ガスコンロで料理したほうが美味しいと言われていました。

しかし最近は火力や細かな調整も改善されてきて、お料理の仕上がりに力を入れるメーカーも増えています。

実際に両方使ったことがある方の中でも意見が分かれているので、料理の美味しさに大きな差は無くなってきたと言って良いかもしれません。

まとめ

IHクッキングヒーターとガスコンロは、それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身のお料理スタイルに合わせてしっかり検討しましょう。

「たくさん製品があって分からない」「我が家の場合どっちの方が光熱費が安いの?」など分からないことは、私たち専門家にご相談ください。

 

カラーズのスタッフ

一級建築士のいるリフォーム店「カラーズ」は、専門知識を持ったプロフェッショナルがお客様のギモンにお応えします。

特定のメーカーやガス・電気どちらでもない中立の立場から、お客様の製品選びも公平にサポートいたします。
店舗でのご相談のほかオンライン相談もございますので、どんなギモンもまずはお気軽にご相談ください。

対応エリア

【対応エリア】

カラーズオンライン相談 カラーズLINE相談
カラーズ電話相談 カラーズメール相談

一級建築士によるオンライン相談会も開催しています。こちらもぜひお気軽にご活用ください。

オンライン相談会

【カラーズでお手伝いさせていただいた事例紹介】


<リフォーム・増改築・リノベーション・エクステリア>

株式会社Colors(カラーズ)

リフォーム・リノベーションならカラーズ

本店所在地:〒270-0027 千葉県松戸市二ツ木336-1

電話番号:047-347-7250

この記事を読んだ方におすすめ


・【パターン別】キッチンの移動リフォームにかかる費用と日数の目安

・タイル or パネル キッチンの壁はどっちがいいの?その違いをカラーズが解説します
・キッチンをリフォームする!システムキッチン費用も公開|千葉松戸・柏で快適リフォーム

監修者情報

株式会社Colors(カラーズ)

株式会社Colors(カラーズ)

少数精鋭のプロ集団:一級建築士のリノベーション

【保有資格】
・一級建築士
・宅地地盤調査主任
・特別管理産業廃棄物管理責任者
・外装劣化診断士
・リフォームスタイリスト
【許可番号】
:千葉県知事 許可( 般 ― 2 )第54218 号
建設業の種類:建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、内装仕上工事業

FacebookInstagram

お問い合わせ

お問い合わせ経緯 

ご相談内容

ご氏名*

メールアドレス*

リフォーム先の郵便番号*

リフォーム先の都道府県*

リフォーム先の以降の住所

お電話番号 ※半角数字

添付ファイル 

お問い合わせ内容(ご希望日時等をご記入ください)

建物タイプ

築年数

工事時期

ご希望項目